3月 引越し 相場

3月の引越しの相場と最安値を知る方法

3月 引越し 相場

3月 引っ越し 相場

3月 引越し 平均

3月 引越し おおよそ

3月 引越し 相場

 

 

日本の引越し業界では、3月は繁忙期と呼ばれています。

 

1・入学する高校生や大学生
2・就職する新社会人
3・転勤で移動するサラリーマン

 

3月はこのように4月からの新学期を迎える人が多いため、引越しの件数が多くなってしまうのです。

 

3月の引越しは早めに見積もりを取って予約しておくことが重要です。

 

引越し業者一括見積もりをすれば、簡単にお住いの地域にある引越し業者からの見積もりが取れますよ!

 

費用を比較することで、相場はもちろん最安値も簡単に見つけられます。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

 

1年の中で、3月の土日祝日の午前便はもっとも引越し相場の高い時期と言えるでしょう。

 

引越し料金というのはたいてい値引き交渉や割引交渉ができるものですが、この期間は割引に期待はできそうにありません。

 

遠距離であれば数十万円の出費も覚悟しなければなりません。

 

少しでも引越し費用を抑えたいなら、できるだけ早めの準備が必要です。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越し費用を安くする方法

 

引越し格安

 

引っ越し費用は結構高額になるので少しでも安くしたいと思いませんか?
引っ越し費用は、荷物の量に比例して高くなりますので、引越しにかかる料金を安くしたいのであれば荷物をできるだけ減らすことです。

 

特に3月前後は繁忙期なので1年で一番引っ越し費用が高い時期です。
できるのであればこの時期は避けたほうがいいです。

 

どうしても繁忙期を避けられない、そんな方は引っ越し先の住所がわかったらすぐに複数の引越し業者に見積もりを取ることをお勧めします。
さらには比較して契約してしまいましょう。
準備が遅くなるほど高い業者しか残らない傾向があります。

 

同じ様に土日祝日は引っ越し希望者が多いので、平日に比べると費用が高めです。
平日に引っ越しできるのであればそちらがオススメです。

 

引っ越しは午前中にして午後からは荷解きをしたいという人が多いので、午前中は午後よりも高めです。
費用重視であれば午後便、もしくは時間指定しないフリー便であれば割引があります。

 

長距離の引っ越しは単身コンテナ便や混載便を利用することで多少安くなります。
これらは荷物の量が多いと利用できませんので、お気をつけください。

 

このように引っ越し費用は、割引される日にちや時間を利用すれば安くすることができるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妊婦 引越し