3月 引越し 相場

3月の引越しの相場と最安値を知る方法

3月 引越し 相場

3月 引っ越し 相場

3月 引越し 平均

3月 引越し おおよそ

3月 引越し 相場

 

 

日本の引越し業界では、3月は繁忙期と呼ばれています。

 

1・入学する高校生や大学生
2・就職する新社会人
3・転勤で移動するサラリーマン

 

3月はこのように4月からの新学期を迎える人が多いため、引越しの件数が多くなってしまうのです。

 

3月の引越しは早めに見積もりを取って予約しておくことが重要です。

 

引越し業者一括見積もりをすれば、簡単にお住いの地域にある引越し業者からの見積もりが取れますよ!

 

費用を比較することで、相場はもちろん最安値も簡単に見つけられます。

 

1年の中で、3月の土日祝日の午前便はもっとも引越し相場の高い時期と言えるでしょう。

 

引越し料金というのはたいてい値引き交渉や割引交渉ができるものですが、この期間は割引に期待はできそうにありません。

 

遠距離であれば数十万円の出費も覚悟しなければなりません。

 

少しでも引越し費用を抑えたいなら、できるだけ早めの準備が必要です。

 

引越し一括見積もりはこちら

 

 

 

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


 

 

引越し料金と繁忙期

 

引越し 繁忙期

 

引越しの件数は3月がもっとも数が多く、この時期を引越し業者では「繁忙期」と呼びます。
繁忙期は4月からの新学期に備えて一気に人が動くために起こります。

 

新大学生・新社会人が入試や入社試験をパスして、新しいコミュニティーを築くために3月に新天地に引越しをするのです。

 

そしてもう一つの大きな理由は、会社の人事異動です。
日本企業の多くは支店を多数持つためサラリーマンは転勤が多いのです。
春の大規模な人事異動はだいたい2月の終わりから3月頭に言い渡されるため、前もって充分な余裕がありません。

 

そのため転勤のサラリーマンやその家族も一番の繁忙期に引越しせざる得ないのです。
また転勤は遠距離であることも多いため、引越し費用がかなりかさみます。
繁忙期に家族で遠距離引越しをすると、冗談抜きで「100万円かかります」と言われることもあるそうです。

 

できるだけ繁忙期を避けましょう。

 

どうしても繁忙期を避けられないのであれば、早く新居を決めて見積もりを依頼し、引越し業者と契約しておきましょう。
遅くなればなるほど条件がきつくなり、費用が高くなり、最悪依頼を断られます。

 

繁忙期の引越しはスピードが命です。

 

 

引越しの手順

 

引越し 手順

 

引越しの時は時間も限られてて追われますし、とにかく忙しいですから先に大まかな手順を知っておくのがオススメです。

 

引越しが決まったらまずは管理会社に退去することを連絡して、それから新居を探し、最後に引越し業者をさがします。

 

管理会社は次の入居者を探す手続きを始めなければなりませんので、入居の際に「退去の時は◯ヶ月前に連絡するように」という契約を交わしています。だから一番最初に連絡しておきましょう。

 

そして引越し業者への見積もり依頼ですが、新居の条件がわからないと費用を計算することが出来ないの見積もりができないんです。
まずは先に新居を決めてください。

 

季節外れの洋服やあまり使用しないものからダンボールに梱包して荷造りしていき、不用品や粗大ゴミはこの際思い切って処分しましょう。
不用品を新居に運ぶにも費用がかかります。これはムダな出費になるので、不用品は引越しの前に処分してくださいね。

 

もし市外に引越しする場合は、引越し2週間前に役所関係に書類を提出しましょう。特に転出届はお忘れなく。
新居に郵便物が転送されるように手続きするのもお忘れなく。

 

電気・ガス・水道・ネットなどのインフラ会社にもいつ引越しするのかを連絡して、その日までの料金を精算してもらうようにします。
詳しいことは各会社に問い合わせてくださいね。

 

引越し当日は荷物や家財の運搬は引越し業者が行いますから、あなたは家具や家電の配置をスタッフに指示してください。
先に決めて紙に書き出しておくと何度も聞かれることがなくスムーズです。

 

実は引越し業者が運べないものがいくつかあります。
貴重品や現金、通帳、印鑑、高級品、破損しては困るデータ類などは自分で運びましょう。

 

引越し日もしくは翌日までに、ご近所へ挨拶に行きましょう。

 

引越し後2週間以内に、市内引越しの場合は転居届・市外引越しの場合は転入届を新居に最寄りに役所に提出してくださいね。

 

郵便物の転送は1年間だけのサービスです。
この間に住所変更が必要な免許証、パスポート、銀行、保険、カード会社などに連絡するのを忘れないで下さい。

 

 

引越し費用を安くする方法

 

引越し格安

 

引っ越し費用は結構高額になるので少しでも安くしたいと思いませんか?
引っ越し費用は、荷物の量に比例して高くなりますので、引越しにかかる料金を安くしたいのであれば荷物をできるだけ減らすことです。

 

特に3月前後は繁忙期なので1年で一番引っ越し費用が高い時期です。
できるのであればこの時期は避けたほうがいいです。

 

どうしても繁忙期を避けられない、そんな方は引っ越し先の住所がわかったらすぐに複数の引越し業者に見積もりを取ることをお勧めします。
さらには比較して契約してしまいましょう。
準備が遅くなるほど高い業者しか残らない傾向があります。

 

同じ様に土日祝日は引っ越し希望者が多いので、平日に比べると費用が高めです。
平日に引っ越しできるのであればそちらがオススメです。

 

引っ越しは午前中にして午後からは荷解きをしたいという人が多いので、午前中は午後よりも高めです。
費用重視であれば午後便、もしくは時間指定しないフリー便であれば割引があります。

 

長距離の引っ越しは単身コンテナ便や混載便を利用することで多少安くなります。
これらは荷物の量が多いと利用できませんので、お気をつけください。

 

このように引っ越し費用は、割引される日にちや時間を利用すれば安くすることができるのです。

 

 

引越し業者の行っている有料のオプションサービスとは

 

引越し 有料オプション

 

引越し業者には有料のオプションサービスというのがあります。
あると便利なサービスが沢山ありますので、必要な方は見積もりの際に確認してみましょう。

 

・エアコンの取外・取付
・消毒・殺虫サービス
・ハウスクリーニング
・新聞の手配
・御挨拶品の準備
・ピアノの輸送
・ピアノの調律
・特殊品の輸送
・バイクや車の陸送サービス
・ペットの輸送
・盗聴器の発見サービス
・造園サービス
・荷物の一時預かり
・ハウスリフォーム
・ネット申し込み
・耐震グッズ施行
・資材回収
・不用品の処分

 

結構いろいろなものがありますね。

 

依頼が多いのはエアコンの移設だそうです。
自分で手配するとなると、引越しの前を後で依頼しなければならないために時間もかかりますし、非常に面倒なのです。

 

見積もりの際にオプションとして「エアコンの移設」をお願いしておけば、引越し業者が手配をやってくれるので便利です。

 

車やバイクの長距離の運転が苦手な方には、車の陸送サービスが便利です。
長距離の運転は大変ですし、高速道路は怖いので無理をしないようにしてください。

 

ピアノをお持ちの方にはピアノの運搬、調律のサービスがおすすめです。
実はどこの引越し業者でもピアノを運搬できるわけではないので、希望される方はオプションで依頼しましょう。

 

今どきなのが盗聴器を探すオプションを行っているところもあるそうです。
どんなサービスが必要なのかも業者を決める目安になりますね。

 

 

引越しと近所への挨拶

 

引越し 挨拶

 

引越しをしたら、その日のうちにご近所に挨拶に行きましょう。

 

でもご近所って結構広いですよね?どこまで行くのが一般的なのでしょう?

 

マンションやアパートであれば左右と上下の部屋の方に、一軒家であれば向こう3軒両隣のお宅まで行くのが一般的だそうです。

 

ほかにもお世話になる方が近くに住んでいる時は挨拶しましょう。
例えばマンションの管理人さんや大家さん、一軒家の場合は自治会長さんです。

 

一軒家の場合、ゴミ出し当番のこともありますので自治会長さんにも挨拶しておくと良いかと思います。

 

挨拶に行くタイミングはできるだけ早く、引越し当日か遅くても翌日までに行きましょう。

 

なぜなら引越しの時は長時間引越し業者のトラックが道路や駐車場に止まったり、引越しスタッフの足音がどうしても響きますから早めに挨拶に行くことで印象を良くしておきたいのです。

 

手ぶらで行くよりは手土産を用意しておくと行きやすいです。
高価なものは必要ありません、500〜1000円程度のもので大丈夫です。

 

人気があるのは洗剤やタオルなどの消耗品、お菓子やコーヒー、紅茶などの食品です。
新しい環境での第一印象は大事にしたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引越し一括見積もりはこちら

 

 

 

妊婦 引越し